1. TOP
  2. J-REITとは
  • ご挨拶
  • 経営方針
  • 事業内容
  • 会社概要
  • コーポレート・ガバナンス
  • J-REITとは

J-REITとは

J-REITとは

J-REITは、日本版不動産投資信託(Real Estate Investment Trust)の略称であり、多くの投資家から集めた資金で複数の不動産を購入し、賃貸収入や売買益を投資家に分配する金融商品です。もともとはアメリカで生まれた仕組みですが、日本では2001年9月に初めてのJ-REITが東京証券取引所に上場されました。

J-REITの購入対象となる不動産は、オフィスビル、住宅、商業施設をはじめ、ホテルなど多岐にわたります。その中でも、当社が運用する日本ロジスティクスファンド投資法人は、日本初の「物流施設特化型REIT」として物流施設のみに投資を行っています。

J-REITの仕組み

J-REITは、投資信託及び投資法人に関する法律に基づき設立された「投資法人」の形態をとっており、いわゆる会社型の投資信託といえます。「投資法人」は、法律により資産運用等に係る業務を第三者に委託することが義務付けられており、投資運用に関する判断は投資法人から委託を受けた「資産運用会社」が行います。

J-REITは、株式会社が株式を発行して資金を調達する(増資)のと同様に、「投資口」を発行して投資家の皆様から資金を集め、金融機関からの融資などと合わせて不動産等の資産を購入します。購入した不動産等の賃料収入や売買で得られる収益は、不動産等の管理費や融資に対する金利が差し引かれた後、「分配金」として投資家の皆様に配当される仕組みです。「投資口」は上場会社の株式と同じように証券コードが割り当てられており、証券会社を通じて金融商品取引所で売買することができます。

リンク集

J-REITに関する情報をより詳しく知りたい方は、こちらの外部リンクも合わせてご参照ください。

  • ARES(不動産証券化協会)
  • 投資信託協会 用語集 J-REIT情報
  • 東京証券取引所 REIT
  • 不動産投信情報ポータル

このページの先頭へ